(5)達弥西心のわかりやすい話「時流」

達弥西心のわかりやすい話「時流」

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(56/81) - HMU 達弥西心

やはりどこかで、自分の思った通りに他人は動いてくれるものと思っているし、それなりの地位をもらうと自分はその通りに人を動かせるものだと思います。もし本当に自分の言う通りにまったく分かってくれていて、その通りに動けるのなら、指揮官はいなくていいわけです。そいつを指揮官にした方がいいのです。そういうことを、あっさり言われました。その社長は私を励ます意味で言ってくれたんだと思いますが。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(55/81) - HMU 達弥西心

どういうことかと言いますと、私が25歳くらいで支店長をやっていた時、社長も30いくつくらいで若かったのです。私もセールスマンをやっていてそれから支店長になったのですが、モノの売り方というのはこういう風に売るんだというのが自分の中にあるわけです。ところが、それを教えようとするとなかなか伝わらない。それを嘆いて、社長にちょっと愚痴を言ったことがありました。「何度教えても駄目なんですよ、言った通りにやってくれないんです。ほんとに困っている」と言ったら、社長はひと言。「お前も若いけどな、お前のことがすぐに100%分かる若いヤツがいたら、オレはそっちを使う」と言ったのです。「お前は25だけど、たとえば24でお前のことがすべて分かるヤツがいたら、お前の思った通りに動くヤツがいたら、オレはためらうことなくお前じゃなくて24の方を使う」と。それはすごい衝撃でした。それ以来、私はそういうことを言わなくなったのです。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(54/81) - HMU 達弥西心

いまだに私の部屋に紙が貼ってあるのですが、「物分かりの良い人はいない」というのです。

本当に自分のやりたいことをやってほしい時には、自分のことを分かってくれてやってくれる人を探すより、マニュアルを作ってその通りにやってくれる人を使う以外にないんだということです。

お前ほど分かるヤツは、世の中にはひとりもいない、と。これは私に言われたことです。ということは、皆さんもまったく同じことです。つまりあなたが思っている通りには、他人は動いてはくれないのです。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(53/81) - HMU 達弥西心

それからもう一つ、その続編のようなものですが、世の人々はあれが普通なんだと言い聞かせる

ああ、あの人ふつうなんだよ。自分の方がちょっと優れているからわかってもらえないだけと(自分で勝手に)思うことです。これは私ずいぶん助かりました。黙して語らずと言われた時、達弥西心としてやろうとしていることはすごいことなんだからねといわれて、他の人は普通なんだよ、と。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(52/81) - HMU 達弥西心

合わない人に対して、この人はこういう風に思っているんだ、私はこういう風に思っている、この人はこういう風に思っている、そこにギャップがあるのは当たり前、そのギャップを楽しむことです。

ギャップがあるから合わないんだ、とならないことです。みんな自分の土俵に引き上げて叩きつぶしたいものです。上ってこい!という感じですが、そうするのではなく、合わない人との落差を楽しむということです。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(51/81) - HMU 達弥西心

次3番目です。合わない人との落差を楽しむ。

「ははーん。そうなんだ」という感じです。はあ、この人はこうなんだなぁということです。落差ですから、自分の方が高くて、この人は低いという風に思うかもしれませんが、そうばかりではありません。この人はこんなところが優れているとか、自分がここまで上がれないからここが分からないんだなあとか、思えるようになってくるとムカッとすることはなくなってきます。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(50/81) - HMU 達弥西心

自分が認めたのはよくて、自分が認めていないのは駄目だなどと思わないことです。自分が一番尊いわけですから、いろんな人がいるのも、それはそれなりに認められるという風に思い込むことが大事です。大切なことは、世の中にはいろんな人がいる、こんな人もいる、あんな人もいるという風に観察するのです。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(49/81) - HMU 達弥西心

それから、世の中にはいろんな人がいるもんだなぁと観察する、ことです。

尊いからこのようにしなくてはいけないのです。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(48/81) - HMU 達弥西心

しかしそれだから周りが全部駄目だというように、比較してはいけないのです。自分が偉いと思うのはいい、これはすごく尊いことです。偉いというより、尊いことです。自分のこころがここにあること、このこころで生きていることは、とても尊いことなんだということを認めること、これはとても大事なことです。これは良いのです。

それを他人との比較において、どうやってそれをコントロールしていくか、ということです。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(47/81) - HMU 達弥西心

ではどうするかということですが、御釈迦様が説いていることですが、この世の中で一番尊いのは私だと常に自分に言い聞かせる、特にムカッと来たときにはそういう風に自分に言い聞かせるというやり方です。自分を落ち着かせるためにです。「天上天下唯我独尊」という、うえにもしたにも一番尊いのは私だけなんだということを自分に言い聞かせるのです。これが一番の方法です。これをまず唱えます。「天上天下唯我独尊」「天上天下唯我独尊」と。これが大事なことです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ