(5)達弥西心のわかりやすい話「時流」

達弥西心のわかりやすい話「時流」

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(81/81) - HMU 達弥西心

あまりムカッとしない、ムカッとさせないということで、挨拶だけはきちんとするとか、これは大事なことだということはきちんとやるとか、言葉遣いだけは気をつけておこうとか、そんなことから入っていって、相手の立場に立つということまでは行って欲しいです。相手の身になってではなくて、立場に立てば分かるのです。立場に立つくらいはできますよね。自分がそういう立場になることですから。役割として向こう側の立場に立つこともあるわけですから、立場に立つことはできるだろうということです。それでクリアできるならば、この問題はクリアしていってほしいと思います。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(80/81) - HMU 達弥西心

最後には仲良くなって相手の人格を認めということになるのですが、そういうことにまで置き換えなくても、ごく自然の成り行きでそう思えるようになります。そこを目指すためには、相手の立場に立って物事を考える、相手の気持ちになるということを、ぜひ頑張ってほしいなと思います。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(79/81) - HMU 達弥西心

すると、みんなたいへんだよね、生きていくのは、という風に思えるようになるし、あの人にはあの人なりの事情があるんだよねと思えるようになるのです。引き換え条件として自分も引き立てられることがあるだろうし、向こうに譲る場面もあるということ、要するに仲良くということです。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(78/81) - HMU 達弥西心

中には相手の立場に立てと言ってもできない人間もいるでしょう。しかし相手の立場に立つことのできる人、「自・他・天」の「他」のことが、仮にもちょっとでも想像できる想定できる、あるいはそうなれるという人はぜひこのことを訓練して実践していただきたいと思います。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(77/81) - HMU 達弥西心

物事を考えるときに、自分の立場、自分の身というのをまず大事に思うから、一方からしか物事を見られないのだと思います。自・他・天とあるように、少なくとも必ず他人がいるわけです。他人がいるということは、他人が重大に関わってくるということで、他人が自分をどう見ているか、あるいは他人が自分にどう関わってくるのか、ということが大事です。自分はここにいながら、イメージではスッと向こうにカラダを向こうに持って行くことができるようになってくると、ムカッとすることはほとんどなくなってきます。とにかく自分のことだけ考えていると、何で周りは分かってくれないのということになってしまいます。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(76/81) - HMU 達弥西心

それを天は手なずけたというか、やはり達弥西心になるためにはムカッとさせては駄目なんだということで、黙して語らず、黙して語らずと、MAOするとメッセージはそれしか来なかったから誰でもやりますね。他にMAOしても何もなくて、ただ黙して語らずしか言わないのです。ですから、それを続けました。あれがあったから、ここにいるような気がします。

みなさんも同じ課題だと思います。私だけの課題ではなかったと思います。

今年の時流、ムカッとせずに生き抜いてもらいたいと思います。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(75/81) - HMU 達弥西心

人間はこういう風に思ってムカッとしながら生きているんだけれど、ムカッとしないところまで上っていく努力をしていただきたいと思います。それがムカッとしないための日ごろの訓練を重ねることによって、少しでもできたらと思います。

私ができましたから。

私は本当に気が短かった。まあ今でも短いですが。以前はお客さんから電話があったりしたら、折り返し電話したかと1分もたたないうちに確認していました。「今からするところです」と社員が言ったら、遅いと叱っていましたから。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(74/81) - HMU 達弥西心

売り言葉に買い言葉、向こうが言うことにこちらが乗ってしまうと、もう手がつけられなくなってしまいます。

だいたい自尊心を傷つけられた時ムカッとします。人間というのはカラダをもって生きている以上、自己重要感、自分が一番重要だと思われたいものです。自分が自分で思うだけなら良いのですが、他の人にも常に自分が重要だと思って欲しいと思っています。この辺は矛盾していますが、しょうがないですね。常に、半歩でも一歩でも他人より前に行きたい、上に行きたい。他人から馬鹿にされたくない。という風に思いながら生きているのだと思います。

でも、それを乗り越えたところに、この世にカラダをもって生きていてああ素晴らしい人生が送れたなということがあるのだと思います。横との競争ではなく、うえと繋がるということです。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(73/81) - HMU 達弥西心

まず自分の方を落ち着かせて、それから相手をおとなしくさせることです。ガーっと言ってきた人には、スッと目を合わせてしてみてください。スッと収まります。ちょっと危険だなといって逃げ込むと、余計に相手はカッカとなってしまいます。

●ムカッとしたらどうすればいい? −時流をのりきる 2005−(72/81) - HMU 達弥西心

とにかくやってみてください。ムカッとしたときにはたいてい相手の目を見ていません。横向いてプイッとしています。分かってほしいのよ、みたいに。怒っているのよと。こんなに怒っているんだと、書類を叩きつけたりします。けれども、そんなことをしても解決しません。また、相手が下手に出てくると、ああこの手はうまくいくなということで、エスカレートしていきますから、こちらが下手に出る必要はないのです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ