スポットを浴びているときも、スポットの陰にまわっているときも、修行の時です。ですから、スポットが当たっているときはもちろんですが、スポットの陰にまわっているときもほんとうの自分に聞くことを忘れないことです。