その姿勢によって、その人のレベルが決定されるのです。陰日向なく淡々とMAOを続けていくことです。

いやなこと、どうしても納得のいかないこと、うまくいかないことに出会ったときにこそ、MAOに取り組むのです。MAOを深めていく絶好のチャンスなのです。