こういうことをなぜ取り上げたかというと、私自身、達弥西心になる前もそうでしたが、自分で事業を始めた時からムカッとすることばかりだったのです。最初はいちいちムカッときていて、それを周りの人たちに分かってほしいために、いろいろ話をしていました。ところが、それでは解決しないということに気が付いた、それから社員にいろいろ話しても始まらないということに気付き、ムカッときた時ここはちょっと時間をかせがなくてはいけないなと思ったのです。そこでいろいろな方法を自分で試して何とかできるようになっていたときに、達弥西心になったわけです。