これは何にでも当てはまることですが、たとえばMAOということで言えば、長くやっている人は「私はこういうことはわかっている。ちゃんとやれる。MAOが取れている。」となってしまいがちです。