ます時流鑑定を真に受けて対策を立てることです。