それしかないのですが、ただここに来て逆というはたらき、裏というはたらきに気を付けていただきたいと思います。