さて時流鑑定のどこにポイントを置いたらよいのでしょう。