言いかえるなら、愛を自己実現として捉えるか、愛を自己犠牲として捉えるか、ということです。