この「うれしい新聞」に愛をこめて、辺り構わず、どこまでも送り続けるのです。その思いの行方は見届けなくても、かけた思いだけがしっかりと、この心にありさえすれば、それでよいのです。