紙というものは、新しい木を切って新しい紙を作るもの。切った木が大きくなるまで待って、また新しい紙を作れば良い、というのは、成り立つ考え方ではないのでしょうか。