その風の向き、時期、強さが自分にとって都合が良ければ、それを追い風で使ってください。
そして都合が悪ければ、見逃してください。
くれぐれも逆風になるように使っては、ダメです。
そういう流れというものがあるのです。流行、不流行と同じだと思っても構いません。