良いことがある時は、なぜこういう良いことが起こるのかという理由があるし、うまくいかない時には、なぜうまくいかないのかという理由があるので、うまくいかない時の理由を一生懸命考えなければなりません。
どこがまずかったのか?と。