そうやってきて、確かにうまくいったのですが、人生の後半あたりでふと思ったことがあるのです。