私は奪うことというか、自分に獲得することは熱心にやってきたけれど、与えることなんてまったくやってこなかったと思ったのです。