目の前に見えない道がずっと広がっていて、この道の上を外れずに歩いているうちは何も起こらないのですが、ちょっと片足を外したとか、道を外れて迷い道に入ってしまうと、「違う、違う」ということで人生に困ったことが起こるようになっています。