その天意というものはわからないものだと、私はずっと思っていました。ところが1995年、第1回目の時流鑑定を出した年のことです。