これは他人にしてはいけないというのは、理解できますが、ここでは自分自身にもと言っています。