主(ぬし)の価値観のもとで生きるしかないのです。